HOME > ケーブルテレビ > J:COM解約or変更

J:COM解約したい理由は?

J:COMを解約したいと思った方に、理由は何でしょうか?

「料金が高いから」
「CS放送を楽に録画したいから」
「多チャンネル/CS放送を観ないから」

という理由ならば、J:COMのサービス内容をもう一度確認してみると良いでしょう。
解約しなくても、悩みが解決するかもしれません。
→J:COM契約内容の変更

ケーブルテレビの中でも、サービス内容が豊富なJ:COMなので、しっかり調べて契約内容を変更するだけで、不満が解消されることと思います。

それでも、
「BSデジタル放送が各部屋で観れないのが不便」
という理由の人は、帯域制限のないケーブルテレビや光テレビ(eo光テレビ、BBIQ、フレッツテレビ等)に変えると良いですね。

「STBやリモコンが増えてしまい、すっきりさせたい」
という理由の人は、STBが不要が良いかもしれません。

J:COMの解約費用とフレッツテレビの導入費用がかかることも考慮するのが良いと思います。

J:COM解約手続きの流れ(通常)


J:COMの解約についての詳細は、J:COM公式ホームページより
→(1)カスタマーサポートをクリック
→(2)FAQをクリック
→(3)各種お手続きと進んで
  「解約するときにかかる費用は?」
  「解約の手続きはどうすればよいのですか?」

 をご覧ください。

電話をしなくてもJ:COMから解約の連絡がある場合


現在、J:COM PHONE/ジェイコム電話を契約している人が、フレッツ光のひかり電話やKDDIの電話等、他社の電話回線に変える場合の例です。
例えば、フレッツ光とひかり電話に申込み、電話番号そのまま変えずに利用する(番号ポータビリティ)場合には、
NTTから、電話番号ポータビリティ(LNP)の通知がJ:COMにいきます。

その後、J:COMからお客様宛に連絡がきます。
J:COM PHONEの解約についての確認です。

その電話があった際に、テレビサービスやインターネットの解約もを伝えるとよいでしょう。

ページトップ
ケーブルテレビ
eo光テレビ
BBIQ光テレビ
NTT フレッツテレビ
配線コンサルティング
ケーブルとフレッツ相談
フレッツテレビ工事の質問
その他 の質問・相談