HOME > 光テレビ(電力会社グループ) > eo光テレビ 地デジもBSもパススルー

BSパススルー

専用チューナー不要!eo光テレビなら地デジはもちろん、BSデジタルも家中のテレビで楽しめます!

従来のケーブルテレビサービスでは、専用チューナー(STB)を接続したテレビのみ
地上波/BS/CSを視聴できます。2台目、3台目のテレビでは、地上波のみパススルーで視聴できます。
複数台のテレビで、BS/CSも視聴するためには、複数台の専用チューナー(STB)を接続しなければなりません。
つまり、複数台でBSを観るのは専用チューナー(STB)の追加契約が必要で、その分料金も高くなるというわけです。

eo光テレビのようなBSパススルー方式では、STBの追加契約が不要、各部屋でBS視聴ができる環境になるのが便利です。(BSデジタルチューナー内蔵のテレビ、または、BSデジタルチューナー内蔵の録画機器が必要)

参考図・詳細 eo光テレビ BSパススルー(←※フレッツテレビの方も参考に)
↑↑
また、BSデジタルの録画についても↑こちらのイメージ図が解りやすいです。BSデジタル録画には大きな違いがあります。※従来のケーブルテレビとフレッツテレビの違いとしても同様な違いですので、参考にしてください。

従来のケーブルテレビサービスでは、専用チューナーの接続が必要です。家庭の録画機器で録画すると、BSデジタル放送が通常画質でしか録画できないということが起こります。
BSパススルーの場合BSデジタル放送がハイビジョン画質で直接録画できます。
この違いは大きい。

CSハイビジョン

CSの専門チャンネルでハイビジョン対応チャンネルが40チャンネル!(2009年10月)
2010年3月には、最大43チャンネルが対応予定。
スポーツ、映画、音楽など専門チャンネルがハイビジョン映像で楽しめちゃう。

eo光テレビ ハイビジョン対応スケジュール

eo光テレビ 3つのコース

eo光テレビには、3つのコースがあり、ご希望にあわせて選択できます。

ベーシックHD(67ch)
プレミアムHD(82ch)
コンパクト(31ch)


各コースの詳細は、eo光テレビのホームページで!

ページトップ
ケーブルテレビ
eo光テレビ
BBIQ光テレビ
NTT フレッツテレビ
配線コンサルティング
ケーブルとフレッツ相談
フレッツテレビ工事の質問
その他 の質問・相談